弁護士

DV被害者を救う

考えている男女

今の旦那さんから暴力を振るわれている女性は、離婚を検討すべきだといえます。DVは一般的には改善しにくいといわれているため時間が経てば直るかもしれないと淡い期待を抱いていては手遅れになってしまいます。旦那さんは今は奥さんにしか手をあげていなくても、いずれペットや子どもたちにまで手をあげてしまいます。そのため、「自分さえ我慢すれば」「子どものために」と考えていると後々に後悔してしまいます。また、DV被害者の多くが自分にも原因があると思っている傾向が強くあります。しかし、実際にはDV被害者に落ち度は何もなく、ほぼ100%加害者に原因があることがわかっています。自分がDVにあってしまっているという場合や娘や友人がDV被害者だという場合、弁護士に相談すると適切です。離婚専門の弁護士の中にはこういったDVについて詳しい人がいるので被害者を助けてくれます。

日本には今、離婚専門の弁護士が多くいます。さまざまな夫婦間のトラブルを解決し、双方が納得いく形で離婚できるように裁判を進めてくれます。その際、離婚の問題が夫からのDVだった場合、妻は多額の慰謝料を受け取ることができます。自分たちだけでは話し合いがすすまず、解決できない場合はこういった離婚専門の弁護士に相談しましょう。そうすることで、離婚について的確なアドバイスをしてくれるだけではなく、慰謝料など今後の生活についても配慮してくれます。DV被害者は加害者からマインドコントロールにかけられている状態にあるので、弁護士に相談することでそれらをしっかりと解いてくれます。解決の糸口が見つかり、その上法的に離婚することができるので接触されることはありません。場合によっては法的に処罰を下すこともできるので、DVに悩んでいる女性は離婚専門の弁護士に相談すると最適なのです。