弁護士

モラハラから守る

頭を抱える男性

現在の日本でもっとも注目されている離婚問題があります。それは「モラルハラスメント」、通称「モラハラ」です。モラハラとは、言葉の暴力ともいわれているほど、恐ろしいハラスメントのひとつです。夫や妻から日常的に言葉や態度で威嚇されている人や、行動を制御されている人はモラハラの被害者だといえます。モラハラは見た目にはわからないものなので、本人だけが長い期間苦しむ特徴があります。そのため、周囲からは仲の良い夫婦に見えており解決に至るまでに時間がたってしまうのです。結婚当初は優しかったパートナーが突然モラハラになってしまったというケースが多く、また、被害者も自分のせいだと思い込んでしまっているため、離婚に発展しにくいのです。しかし、離婚専門の弁護士に相談すれば、このようなモラハラ問題もすぐに解決できます。

離婚専門の弁護士の中には、モラハラについて詳しい人がいます。モラハラのエキスパートとも呼ばれており、数多くの夫婦のモラハラ問題を離婚という形で解決しています。モラハラは性格の問題でもあるので、加害者が性格を直すのは非常に困難だといわれています。モラハラに苦しんでいる人が周りにいる場合は、離婚専門の弁護士のところに連れて行き、離婚の話し合いを進めるようにしましょう。本人は無自覚の場合が多いので周りの人たちが対策を練ることが大切です。ちなみに、モラハラは自殺に繋がる恐れもあるほどの深刻な問題です。離婚専門の弁護士は、そういったことに注意しながら離婚の話し合いを進めてくれるので安心して頼れると言えます。モラハラに悩んでいる人や周囲に被害者がいる人は、離婚専門の弁護士に問い合わせをすると適切です。